今回紹介する投資法は管理人のメイントレードであるEUR/PLN(ユーロ/ズロチ)スワップ投資についてです。

 

管理人は2018年からEUR/PLN(ユーロ/ズロチ)スワップ投資(2018年当時はEUR/JPY売りとPLN/JPY買いの異通貨スワップサヤ取り投資)を開始し、だまっていても安定した利益(不労所得)を出せる投資の1つとして取り組んでいます。

 

今回は4年以上ポーランドズロチの取引で感じたことをまとめてみました。

 

 

実際に2022年10月の時点でのEUR/PLN(ユーロ/ズロチ)スワップ投資は資金約100万円の資金で年間利益を30万円出せる状況です。

 

元本100万円で年間利益が30万の投資ということは年利27%の投資になります。

 

今回はEUR/PLNのスワップ投資をした方がよい理由とEUR/PLNのスワップ投資のデメリットについてあえて書いていきます。

 

EUR/PLNのスワップ投資を始めた理由

管理人は投資の世界に参入して9年ほどになりますが、今まで痛い目に何度もあっています。

 

有料コンテンツ株・株式の信用売り・CFDのレバレッジかけ過ぎ・FX自動売買などきりがないです。

 

痛い目にあいながら投資の世界に何とか生き残っていられるのは、がむしゃらに投資資金を捻出しているのとEUR/PLNのスワップ投資のおかげです。

 

EUR/PLNスワップ投資をするまでは負けっぱなしの投資でした。

 

負けたことが投資力をつける財産になったりすることもなく、ただ負けてたまに勝つの繰り返しで一向に成長しませんでした。

 

そこで投資法について根本的に見直そうと思い、「自分にはどういった投資法が向いているのだろうか?」と条件を絞ってみることにしました。

 

絞り込んでみることで自分に向いた投資をするには4つの条件が見えてきました。

 

自分に向ている4つの投資条件

①「リスクの高い投資はしたくない」

②「相場に張り付いたトレードはできない」

③「コンスタントに安定した利益を出したい」

④「自分が理解できない投資はしない」という条件です。

 

書いてみると当たり前の条件です。

 

この当たり前の条件からぶれてしまい、いろいろな投資法に手を出しすぎていつも負けていたのです。

 

この4つの条件を満たす投資法の1つがEUR/PLN(ユーロ/ズロチ)売りのスワップ投資です。

 

1つ1つの条件を詳しくみていきます。

 

①リスクの高い投資はしたくない

誰でもリスクはできるだけ抑えたトレードをしたいと思うのは当然です。

 

しかし、大きな利益を得ようとするとどうしてもリスクも高まってしまいます。

 

管理人も過去に何度も大きな損失を出したことがあり、さすがに凹みました。

 

しかし、早期セミリタイヤするにはどうしても投資で利益を出さなければ達成できないので、何とか投資の世界にしがみついている状態です。

 

そこで一度に大きな利益を出せなくても低リスクでコンスタントに利益を出せる投資の方が早期セミリタイヤに近づくと考え、スワップ投資にたどり着きました。

 

②相場に張り付いたトレードはできない

専属トレーダーではなく本業がある場合は、トレード画面に張り付いていることができません。

 

相場を常に見なくても利益を出せる投資はいくかありますが、スワップ投資もその一つです。

 

③安定して利益を出したい

FXでトレードする場合は為替損益を狙ったトレードが一般的ですが、スワップ投資は為替益を狙わず毎日付与されるスワップポイントの獲得を狙ったトレードになります。

 

毎日決まった金額の利益が入金されるので非常に安定した副収入になります。

 

老後やFIREされた方、ちょっとしたお小遣い稼ぎなどを目的にする場合に向いた投資法です。

 

④自分が理解できない投資はしない

管理人は理解力が良い方ではないので、あまり複雑なトレードは理解できません。

 

管理人にとって難しい代表的なトレードはオプション売買です。

 

何冊か書籍を読みましたがついていけませんでした。

 

自分が理解できないものはやらないことにしています。

 

最近はSNSなどで投資方法やトレードタイミングなどまで細かく解説されている非常にありがたい方が多くいますが、それでもSNSの内容を十分に理解できたものだけ取り組むのがよいと思います。

 

もしもの時は自分で対処するしかないので理解できていない投資法に手を出すのは危険です。

 

EUR/PLN(ユーロ/ズロチ)スワップ投資に向いている人

EUR/PLN(ユーロ/ズロチ)スワップ投資はつまらない地味な投資法です。

 

ポジション形成したらすることは特にありません。

 

短期間で大きな利益を望む方には向いていません。

 

EUR/PLN(ユーロ/ズロチ)スワップ投資に向ている人

●「過去にトレードで痛い目に合った」

●「投資初心者」

●「本業が忙しくトレード画面に貼り付けない」

●「中長期トレーダー」

●「セミリタイヤ後の安定副収入を得たい」

 

EUR/PLNスワップ投資のデメリット

この記事で一番言いたい重要なことです。

 

どんな投資法にもデメリットがあります。

 

管理人が実際に4年以上EUR/PLNスワップ投資をして感じたデメリットについてまとめましたので、これからEUR/PLNスワップ投資をやろうかなーと思う方に参考にしてください。

 

EUR/PLNスワップ投資には細かなデメリットや注意点がありますが、おさえておきたい重要なデメリットを2つです。

 

1つ目はスワップポイントの減少、2つ目は為替損です。

 

この2つのデメリットさえおさえておけば、無理なくスワップ投資ができると思います。

 

スワップの減少

スワップ投資なのでスワップ減少は致命傷です。ただ、EUR/PLNのスワップ現在以上に高い付与になっているので多少スワップが減少してもポジションキープでいいと思います。

 

利回りが6%を切るようですと為替損のリスクもあるので一旦、終了です。

 

為替損

2つ目は為替損です。

 

EUR/PLNの値動きが2020年コロナ以降激しくなり、更にロシアのウクライナ侵攻でさらに値動きが激しくなっています。

 

コロナ時はほとんど通貨で値動きが激しくなりましたが、2022年にはほぼ、元の値に戻り値動きも安定しています。

 

しかし、EUR/PLNの値は中々コロナ前には戻らず値動きも安定しません。

 

一つにロシアの影響が大きいです。

 

ポーランドは地形的にウクライナに隣接しており、歴史的にロシアとは犬猿の仲です。

 

現在のロシアのウクライナ侵攻により影響を最も受けている国の一つと言えます。

 

戦争に巻き込まれるリスク、避難民の受け入れによる財政圧迫、ロシア侵攻に備えた軍事費の膨張、エネルギーの確保など、現状はマイナ作用しかありません。

 

いつどのようなことがきっかけで値動きが荒れるかわからない状況であり、その中でのトレードになるのでしっかりとリスク管理(ロスカットに対し資金の確保)が必要となります。

 

EUR/PLNスワップ投資のまとめ

EUR/PLNのスワップ投資は非常に危うい環境にありますが、それを凌駕する高スワップ付与という魅力もあります。

 

リスクもあるのでEUR/PLNのスワップ投資を始めるには非常に勇気がいると思います。

 

しかし、現在の世界の経済状況は非常に冷え込んでおり、株式にしろ仮想通貨にしろFXにしろどの投資を選択してもリスクがあると思います。

 

ご自身でリスクコントロールでき、また、リスクに見合った利益が得られると判断した場合のみチャレンジしてみてください。

 

管理人はEUR/PLNのスワップ投資はリスクに見合った利益があると判断しトレードを続けていきます。

 

108万円で年間30万円ほどの利益が得られるのは魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事