年金2000万円問題などが話題になっている昨今、皆さんも将来の老後資金について心配になっている方も多いと思います。

 

現在の年齢によっては、今から老後資金2000万円以上を貯蓄するのは不可能と思い途方に暮れている方もいるのではないでしょうか?

 

実際に、現在が50代後半の方が、65歳まで数年しかないのに2000万円以上の老後資金を作り出すのは、簡単なことではありません。

 

しかし、現実問題として2000万円以上必要になるのも事実です。

 

金融庁の発表では95歳まで長生きしたとして、月々の生活費が年金だけでは55,000円たりないと言っています。

 

月55,000円×30年(95歳まで生きたとして)なので2000万円は準備しましょうということですよね。

 

2000万円と聞くと途方もない金額に思えますが、少し発想を変えてみてはどうでしょうか?

 

65歳以降も月々55,000円の収入があれば、65歳までに何が何でも2000万円を準備する必要はないと考えることもできます。

 

そこで、今から2000万円の貯蓄は無理としても、600万円ほどの資金で65歳から月々5万円程の収入を得ることが可能な方法があるとしたらどうでしょうか?

 

「え?それなら現実味がある」と思えたでしょうか?

 

定年までの残り年数にもよりますが、一般的に考えて2000万円を給与と副業で貯めることは簡単なことではありません。

 

ましてや子育て世代にとっては、自分たちの老後資金を準備しながら子供の教育費も賄っていかなければならないのでかなりきついです。

 

しかし、何かしらの手を打たないと「下流老人」になってしまう可能性があります。

 

そこで、管理人は不労所得を得るための投資法を実践してみています。

 

もちろん投資ですので、その資金は準備しなくてはいけません。

 

準備する資金は600万円です。

 

600万円で月5万円前後の収入を得ることが可能です。

 

「600万円なんかない!」と言われる方もいると思いますが、今、600万円が無くても大丈夫です。

 

65歳の年金受給時に600万円を準備できていればOKです。

 

退職金等で何とか600万円を目標に資金を準備しましょう!

 

65歳までに2000万円貯めれなくても大丈夫とは?

65歳以降2000万円の貯蓄がない世代は、月5万円前後の収入を確保しなければ生活が苦しくなるという試算を政府が発表しました。

 

そこで月5万円を得るにはどうしたらよいだろうか?しっかり考える必要があります。

 

月5万円の収入をどう確保する?

●労働により稼ぐ

●セドリ・アフィリエイト・youtubeなどのSNS系で稼ぐ

●不動産収入・株式・FX・仮想通貨など投資で稼ぐ

 

労働により稼ぐ

一番、わかりやすく誰でもできそうな収入源として労働が考えられます。

 

デメリットは、年齢が高くなった時に雇ってもらえるか?仕事があるか?そもそも労働できるだけ体が元気か?などが考えれます。

 

管理人的にはいつまでも労働するのが嫌なので労働は選択肢にありません。

 

対策としては、65歳になっても元気なうちはフルで働き体が動かなくなるまで稼ぎまくる!です。

 

自分の健康や将来の労働環境がどうなるかわからないので結構リスクがあると思います。

 

セドリ・アフィリエイト・youtubeなどのSNS系で稼ぐ

SNS系で稼いでいる人はたくさんいます。また、その稼ぐ額も半端ないので魅力があり、夢があります。

 

更に元手がほとんどかからないこともメリットだと思います。

 

すぐに結果は出ないかもしれませんが何事も続けることでチャンスは広がると思います。

 

もし、SNS系で勝負するなら65歳からではなく、もっと早くからノウハウを学んだり実践したりし65歳時にはすでに稼げる仕組みを構築していることが重要だと思います。

 

ただし、行動しないことには始まらないので「やる」と決めたら即行動です。

 

ちなみに管理人はブログをやっておりますが、稼ぎはほとんどありません。

 

家賃収入・株式・FX・仮想通貨など投資で稼ぐ

投資はリスクが高くて難しそうと敬遠する方が多いですが、実際はそんなことはありません。

 

月5万円前後の収益をあげようと思った場合、ハイリスクの投資じゃなくても十分可能です。

 

投資をやったことがない人は投資する人は常に画面にはりついてトレードしているイメージがあるかもしれませんが、それはデイトレードといって一つの投資法に過ぎません。

 

実際に管理人は仕事をしているので日中はほとんどトレード画面を見ることはありません。

 

ずっとトレード画面を見なくても月5万円の収益をあげることができる投資法はたくさんあるんです。

 

例えば、スワップ投資・自動売買・配当金などは、最初の設定だけでその後はほとんど何もせず収益を得ることができます。

 

ただし投資するには元手が必要となります。

 

最低でも65歳までに600万円が必要となります。

 

600万円あれば年利10%で月5万円程度の不労所得が入ります。

 

年利10%は投資の世界ではかなりよい成績です。

 

年利5%くらいですとそれほど難しい利回りではありません。

 

安全な企業の配当や米国株の配当金だけでも5%の配当収入は得ることができます。

 

ただし、年利5%であれば元手が倍の1200万円がないと月5万円を得ることができません。

 

投資金の準備のハードルが少しあがります。

 

でも安心してください。

 

一度に1200万円を用意できなくても、できるだけ早くから投資を始め複利(投資で上げた収益を再投資)で1200万円を達成せるという考え方もできます。

 

もしくは、労働・SNS系・投資をフル活用し1200万円の元手を作るということも考えれます。

 

いずれにしろ投資は1日でも早く開始した人が有利です。

 

早く投資を開始することで複利で目標金額を達成でき、低リスクで安定した収益を毎月確保できるようになります。

 

まとめ

年金だけでは老後2000万円不足するというニュースが連日報道されました。

 

薄々でありますが、国民も老後は年金だけでは足りないということは気づいていましたが、こうも明らかに報道されると非常に不安になります。

 

しかも、年金受給時までに2000万円を準備しなければならないという感覚に陥ってしまう捉え方の報道が多いように思いました。

 

もちろん年金受給時までに2000万円以上の資産形成できればよいですが、これだけの大金をコツコツ貯金等で形成していくのは並大抵の努力ではできません。

 

しかし、発想を変え、年金受給時に月々5万円ほどの所得を得る手段を準備できれば、必ずしも2000万円を準備しなくてもよいのではないでしょうか?

 

月々5万円であれば、体が元気で気力も充実していれば、労働によって稼ぐのもよいですし、管理人のように、老後は働かずに暮らしたいと思う方は不労所得を得る手法を考えたらよいと思います。

 

一生懸命に働いて、将来は食うのがやっとの生活なんて管理人はまっぴらです。

 

多少なりとも余暇を楽しんだり・孫がいれば小遣いをあげたり・おいしいものを食べに行ったりしたいです。

 

一生懸命に働いたご褒美を自分にあげたいです。

 

そのためには、やはり2000万円以上の資金を準備するかもしくは月々5万円の所得を得るようにしなければなりません。

 

さらに、ゆとりある老後生活をおくるとなると5000万円前後は必要になってきます。

 

 管理人には息子がいます。

 

息子の教育費を賄いつつ、管理人と妻の老後資金も確保していかなければなりません。

 

黙っていても、ただ年月だけが過ぎていきますので、とにかく行動することが重要かと思っています。

 

行動するといってもいきなり、投資を開始するということではありません。

 

「所得からの貯蓄だけで、現在の生活費と老後資金を賄っていけるのか?」

 

管理人と同じように「子供の教育費も貯蓄しながら、自分たちの老後資金の準備もしていく必要があるのか?」

 

各世帯で生活状況が大きく異なりますが、一度、お金のことについてじっくりとシミュレーションしてみることからはじめてみてはいかがでしょうか?

 

これが行動の第一歩だと思います。

 

かなりシビアな現実と将来が見えてくるはずです。

 

そこで、ご自分にとってどれくらいの年月でどれくらいの資金が必要になるか割り出してみてください。

 

管理人は自分の将来のために低リスクで安定した利益を生み出せる投資法を模索している最中です。

 

資産形成は色々と手段があると思うのでみんなで希望のある老後を迎えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事