今回ご紹介するIPO案件は、ダイコー通産(7673)について説明していきます。

 

最後に、管理人の当てにならない本気度予想をしていますので、見てくださいね。

 

ダイコー通産(7673)は、東証二部の上場予定で、想定価格1,510円となっています。

 

ブックビルディング期間は2月22日(金)~2月28日(木)で、上場日は3月1日(金)となります。

 

ダイコー通産(7673)はどんな会社?

ダイコー通産は、全国主要都市に営業所を配置し、顧客ネットワーク整備やシステム構築に際して、最先端技術の情報提供及びネットワーク構築に関する提案等を行い、電線・ケーブル製造業者、通信機械器具製造業者及び金属製品製造業者等の国内外のメーカー等から仕入れた各種商品を、通信工事施工業者、電気通信事業者、電力会社及び官公庁等の顧客に販売しています。

 

ダイコー通産が仕入れる商品は主にケーブル、材料、機器に分類され、販売先において屋内通信工事、屋外通信工事、電力工事等に使用されます。

 

ケーブル

光・電気信号を伝達するために利用されます。

 

主な商品:LAN・WANケーブル、同軸ケーブル、光ケーブル

 

材料

配線の連結や線材の固定、ケーブル類の保護のために利用されます。

 

主な商品:接続材、架線金物類、宅内引込・配線材料

 

機器

光・電気信号の変換、中継、送受信やその測定をするために利用されます。

 

主な商品:幹線・宅内引込機器、センター設備機器、通信機器、ネットワーク機器、測定器

 

ダイコー通産(7673)の情報・業績

スマレジ(4431)のIPO上場規模は、最大で9.41億円であり、東証二部の中では小型案件となります。小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

オファリング・レシオ:24.1%とやや高めです。(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
株式会社ディー・ケー・コーポレーション 33.41%
ダイコー従業員持株会 10.07%
河田 晃 9.30%
河田 充 6.18%
西村 晃 5.28%
東京センチュリー株式会社 4.12%
河田 正春 3.59%
河田 すみ子 2.80%
来栖 正治 1.61%
小谷 幸恵 1.32%

 

●ダイコー通産の業績

回次 第39期 第40期 第41期 第42期 第43期
決算年月 平成26年5月 平成27年5月 平成28年5月 平成29年5月 平成30年5月
売上高(千円) 13,552,379 13,413,297 13,650,687 13,514,288 15,281,363
経常利益又は経常損失(千円) 686,723 666,824 558,830 634,417 658,420
当期純利益又は当期損失(千円) 395,599 386,081 376,145 384,425 402,694
資本金(千円) 411,798 411,798 411,798 411,798 411,798
発行済株式数(株) 1,212,545 1,212,545 1,212,545 1,212,545 1,212,545
純資産額(千円) 3,908,725 4,184,124 4,444,019 4,724,029 5,017,733
総資産額(千円) 10,903,283 11,153,867 10,533,524 11,155,896 12,671,672
1株当たり純資産(円) 3,223.66 3,450.80 3,665.14 1,948.04 2,069.15
1株当たり配当額 100 90 90 90 100
1株当たり純利益又は純損失金額(円) 326.27 318.41 310.22 158.52 166.06
自己資本比率(%) 35.8 37.5 42.2 42.3 39.6
自己資本利益率(%) 10.5 9.5 8.7 8.4 8.3
株価収益率(%)
配当性向(%) 30.6 28.3 29.0 28.4 30.1
営業活動CF(千円) 402,634 612,846
投資活動CF(千円) 16,890 -535,157
財務活動CF(千円) -305,001 -145,667
現金等残高(千円) 1,117,395 1,334,041 750,706 863,353 796,722
従業員数(名) 124 128 138 131 135

 

●取り扱い証券会社

主幹事:野村證券

大和証券・SMBC日興証券・SBI証券・みずほ証券・岡三証券

 

ダイコー通産(7673)IPOのまとめ

事業内容は、CATV及び情報通信ネットワーク向け各種商品の仕入れ・販売です。

 

IPOにおける人気度は地味目です。

 

IPOの資金用途は、全額を東日本ブロックの東京営業所及び東京物流センター拡充のための設備資金として充当する予定です。

 

上位株主にはベンチャーキャピタルはなく、満遍なくロックアップがかかっている状況です。

 

業績面を見ると、売り上げ高に伸びはなく、オファリング・レシオは24.1%(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)とやや高めです。

 

上場規模は9.41億円と東証二部としては小型でありますが、業種・業績・オファリングレシオを考えると、IPOの初値リターンは、公募価格付近ではないかと思います。

 

管理人は見送りとします。

 

管理人の本気度

C

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

ダイコー通産(7673)IPO情報のおさらい

🔴ブックビルディング:2/22(金)~2/28(木)

 

🔴上場日:3/1(金)

 

🔴想定価格:1,510円

 

🔴市場:東証二部

 

🔴IPO規模:最大約9.41億円で、マザーズとしては小型案件

 

🔴オファリング・レシオ:24.1%とやや高め

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

🔴取り扱い証券会社

野村證券(主幹事)・大和証券・SMBC日興証券・SBI証券・みずほ証券・岡三証券

 

 

 

 

おすすめの記事