今回ご紹介するIPO案件は、日本国土開発(1887)について説明していきます。

 

最後に、管理人の当てにならない本気度予想をしていますので、見てくださいね。

 

日本国土開発(1887)の上場市場は東証一部もしくは二部で、想定価格500円となっています。

 

ブックビルディング期間は2月15日(金)~2月21日(木)で、上場日は3月5日(火)となります。

 

日本国土開発(1887)はどんな会社?

土木事業

日本国土開発の土木事業は、総合建設会社として、ダム・河川・トンネル・道路・上下水道・造成工事等の社会基盤整備及び震災関連復興工事から、太陽光発電等再生可能エネルギー、維持補修、環境再生工事まで幅広い工事を行っています。

 

建築事業

日本国土開発の建築事業は、保有技術を活用した超高層建築や大スパン建築、食品工場、建物リニューアルを強みとして、住宅・ホテル・事務所・店舗・物流施設・工場等の設計管理及び施工管理を行っています。

 

豊富な実績と高い技術力に基づき、お客様のニーズに合わせたソリューションの提供を行っています。

 

関連事業

日本国土開発の関連事業は、不動産の売買、賃貸及び都市開発・地域開発等不動産開発全般に関する事業並びに再生可能エネルギー事業、建設用資機材の賃貸事業等を営んでいます。

 

関連会社

日本国土開発の関連会社事業は、国土開発工業(株)及びコクドビルエース(株)を含む関連子会社8社、持分法適用会社1社より構成されています。

 

売上の大半を国土開発工業(株)が占めており、同社では土木工事及び建設用機械の製造・販売・賃貸事業を行っています。

日本国土開発(1887)の情報・業績

日本国土開発(1887)のIPO上場規模は、最大で77.3億円であり、東証一部であれば小型案件となります。小型案件であればあるほど、初値リターンはよいです。

 

オファリング・レシオ:15.7%と低めです。(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●主な株主とロックアップ状況

株主名 保有割合 ロックアップ
日本国土開発持株会 16.44%
株式会社ザイマックス 7.90%
みずほ信託銀行株式解すあ 5.39%
株式会社西京銀行 4.71%
株式会社三菱UFJ銀行 4.71%
アジア航測株式会社 4.29%
前田建設工業株式会社 4.04%
日本基礎技術株式会社 3.91%
三井住友海上火災保険株式会社 3.31%
東亜道路工業株式会社 2.96%

 

●日本国土開発の業績

回次 第85期 第86期 第87期 第88期 第89期
決算年月 平成26年5月 平成27年5月 平成28年5月 平成29年5月 平成30年5月
売上高(百万円) 87,580 102,659 110,543 100,108 103,567
経常利益又は経常損失(百万円) 905 2,531 4,656 6,175 13,805
当期純利益又は当期損失(百万円) 926 2,301 2,485 3,262 9,265
資本金(百万円) 5,012 5,012 5,012 5,012 5,012
発行済株式数(千株) 100,255 100,255 100,255 100,255 100,255
純資産額(百万円) 35,474 37,998 39,726 39,688 47,108
総資産額(百万円) 75,035 84,735 81,423 102,972 105,674
1株当たり純資産(円) 353.84 379.02 396.25 494.87 670.52
1株当たり配当額 3.00 5.00 6.50 7.50 15.00
1株当たり純利益又は純損失金額(円) 9.24 22.95 24.79 36.83 124.53
自己資本比率(%) 47.2 44.8 48.8 38.5 44.6
自己資本利益率(%) 2.6 6.1 6.3 8.2 19.7
株価収益率(%)
配当性向(%) 32.5 21.8 26.2 20.4 12.0
営業活動CF(千円)
投資活動CF(千円)
財務活動CF(千円)
現金等残高(千円)
従業員数(名) 894 918 958 893 890

 

●取り扱い証券会社

主幹事:三菱UFJモルガンスタンレー証券

大和証券・マネックス証券・みずほ証券・極東証券・カブドットコム証券

 

日本国土開発(1887)IPOのまとめ

事業内容は、土木事業・建築事業などの総合建設業で、1999年会社更生法と同時に上場廃止しており、今回は再上場案件ということで、IPO的な人気度は低めとなっています。

 

IPOの資金用途は、技術開発拠点「つくば未来センター及び関連施設」への投資・機械設備の購入・全社システム投資・太陽光発電事業への投資に充当する予定です。

 

上位株主にベンチャーキャピタルの存在はなく、満遍なくロックアップがかかっている状況です。

 

業績面を見ると、売り上げ高は順調であり、オファリング・レシオは15.7%(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)と低めとなっています。

 

また、上場規模も77.3億円と東証一部の上場であれば小型で、想定価格も低く、割安感もでています。

 

しかし、再上場ということで、想定価格の低さは売りさばきたいという企業側の思惑も感じられ、警戒する必要があります。

 

管理人は見送りとさせてもらいます。

 

管理人の本気度

C

 

A:絶対ほしい

B:まあまあ欲しい

C:見送り

日本国土開発(1887)IPO情報のおさらい

●ブックビルディング:2/15(金)~2/21(木)

 

●上場日:3/5(火)

 

●想定価格:500円

 

●市場:東証一部もしくは二部

 

●IPO規模:最大約77.3億円で、東証一部であれば小型案件

 

●オファリング・レシオ:15.7%と低め

(20%以下は「レア度」が高いため初値高騰の要因)

 

●取り扱い証券会社

三菱UFJモルガンスタンレー証券(主幹事)・大和証券・マネックス証券・みずほ証券・極東証券・カブドットコム証

 

 

 

おすすめの記事